多くの電話占い師が用いる占星術について

占星術という言葉を聞いたことがあるでしょうか?太陽系に属している太陽・月・惑星などの天体の位置・見かけ上の運動と地球上の人間や事象や社会のあり方を結びつけて占い学問のことを占星術と言います。

今回は【占星術の占い方や歴史】についてお話をします。占星術は天文学と歴史的に密接な繋がりがあると言われています。

古びた本と鍵と懐中時計

人類史上、一番古い学問のひとつである天文学との関係で占星術は二つに区分されます

1つめは「天変占星術」です。異常気象が起きた場合に、国家の一大事や洪水・飢饉・軍隊の反乱などを引きおこす影響を占う占星術です。

2つめは「宿命占星術」です。これは「運勢占星術」と呼ばれることもあります。ある特定の人が誕生した日時の日・月・地球を除いた諸惑星の位置によってその人の運勢や宿命を占います。

占星術の歴史

占星術の起源は古代バビロニアでの大規模な天体観測でした。科学というものが存在しなかった時代です。当時は時計がなくても星を観測することで規則正しい生活をできるようにしていました。

また自然現象や天体観測からいろいろなことを予測していたのです。国の動向や運命や天災などの情報は占星術によって予想できると信じられていました。

だから占星術はひとつの学問であったのです。主に国家や王家の吉凶判断に使われる天変占星術であったわけです。バビロニア文明が滅ぼされて新バビロニア帝国が再建されて占星術は個人の運命・運勢を占う宿命占星術に発展してゆきました。

新バビロニア帝国が滅亡したら、ヨーロッパ各地に散らばった占星術師によって世界中に広がることになりました。ギリシア・アラブ・ヨーロッパでは「西洋占星術」として、インドでは「インド占星術」、中国や東アジアでは「東洋占星術」となりました。

占星術を採用している電話占い師のことが気になったという人は人気の電話占いサイトを一度ご覧になってみてください。もしかしたら、占星術を採用している電話占いの先生が在籍しているかもしれません。