電話占い師の助言を聞いて前向きな気持ちになることが大事

占い師の助言を聞いたものの、どうしたらいいんだと思った事がある方はいませんでしょうか?占い師から聞くアドバイスは明確でない事の方が多いと思います。

タロットカードをシャッフルする女性占い師

初詣の時に神社で引くおみくじに書いてあることを思い浮かべるとイメージしやすいと思います。具体的にどうすればよいかわからないメッセージですよね。

でも、占いとはそういうものです。占い師は、頭の中に浮かんだイメージを伝えることしかできません。占い師からのコメントをどう解釈して、どういった行動に移すかは自分次第なのです。

逆に、具体的すぎる指示を出すような占い師は疑った方がいいと思います。占い師から聞いたアドバイスをどう生かすかは自分次第です。

例えば、南の方角に吉があると言われた時に、遠回りをしてでも南周りで移動するか、南にこだわらず、近い方向で移動するかは自分で決めなければいけません。

曖昧でどうしたらいいかわからなくて困るという考え方もありますが、逆に考えればどのように解釈しても良いのです。占い師から聞いたことを今の自分の状況にあてはめて、どのように理解してどのように行動するかを決めましょう。

この時に大切なことは、前向きに考えて解釈をすることです。悪い事が起こった時に占いのせいにしたり、占いの結果が良くなかったから自分は何をしてもダメだと思ったりすると、一層悪い方向に進んでしまいます。

運勢の流れも、前向きか後ろ向きかによって変わってきます。前向きに、自分の人生を良くしようと行動している人には自然に良い運気が回ってきます。

後ろ向きな人には悪い気の流れがきてしまいます。自分の悩んでいることや、これからどうしていきたいかは、占い師に相談をする時にかなり自分の中で固まってきているのではないでしょうか?

これに、占い師からのアドバイスを加えて、どうするかをしっかり自分で決断して、前向きにやっていきましょう。